保育内容

園長からのごあいさつ

 コマクサキッズ保育園は、内閣府所管の企業主導型保育事業として令和元年6月に開園した保育園です。
 園名に採り入れたコマクサは高山の砂礫地帯に自生する植物です。どんなに厳しい環境にも負けず、強く育ち、美しい花を咲かせます。当園の子ども達もコマクサの様に、逆境にも負けす健やかに育ってほしいと願っています。
 子どもは周りの大人から充分に愛され、また、大人を信頼し、自分自身も自信が持てるよう、興味関心のある遊びや日常生活の中から生きる力を身につけて行くと考えます。
 日々、子どもの成長には目を見張るものがあり、遊びの発見や感動を共感し、共有できる保育士であり続けたいと思い願っています。
 さらに子どもの育ちと保護者の子育てを支え、家庭的な味わいのある「さとし保育」を目指し、明るい活気ある、笑顔あふれる保育園を目指しています。

リズム_01

保育理念

・乳幼児には一人の人間としての心があります。
人格を尊重する保育を0歳児から行います。

 

・乳幼児においては人格形成の大切な時期です。
園児一人ひとりを尊重し、理解させる保育、やさしく諭す保育を
実践します。

・児童福祉法に基づき健康で素直にのびのびと子どもが育つ保育を推進します。

ボール遊び_01

保育目標

  • 一人一人の成長、発達に合わせ、自分で考え、自分で決め、
    自分で行動できるような保育を実践します。

  • さまざまな体験や経験を与え、何にでも興味を持ち、
    ワクワクする気持ちを育てます。

保育方針

保育に関わる専門性を発揮しながら、養護と教育の一体的な展開を図り、保育の内容の質を高め充実させます。
子どもの24時間の生活を視野に入れ、家庭との連携を密にして、発育の過程に応じた育ちを築き、生きる力を引き出していきます。
子どもの発達要求に応答する環境を豊かに整え、自ら興味や関心を持って、チャレンジしたことへの充実感や満足感を味あわせ、年齢なりの心情・意欲・態度を養います。

IMG_1119

大切にしていること

食育

食育

私たちスタッフは食育に力を入れています。食べることは子どもが成長する上で最も大切なことであると考えています。
明るく楽しい食事環境の中で、その子にとって食べられる量や、苦手なものでも「食べた !」という実感と達成感を大切に育てたいと思っています。

木育

木育

当園では、無垢の木のおもちゃや手作りのおもちゃを使って遊びの中から豊かな表現力や創造力を育てます。

コミュニケーション

コミュニケーション

私たちスタッフは保護者の方々とのコミュニケーションを大切にします。連絡帳、園だより、年間行事などを通じて十分なコミュニケーションを図りたいと思います。日々子育てや仕事に打ち込んでおられる保護者の方々の不安や負担を軽減するように努力いたします。